【レンズ編】デジタル一眼(レフ)カメラの選び方【人物撮影】

Canon_EFレンズ出典 CNET Japan
デジタル一眼(レフ)カメラを購入するときに、レンズはどれを買えばいいのか?

前の記事でおすすめしたキヤノンのEOS 6Dには、「EF24-70L IS USM」か「EF24-70L IS USM」というレンズが付属するレンズキットモデルがあります(レンズが付属する分、価格は高くなります)。

どちらも良いレンズではありますが、人物を綺麗に撮るには少々物足りません。
付属のレンズはズームレンズです。
しかし、人物を綺麗に撮るには、単焦点(たんしょうてん)レンズというものが適しています。

※冒頭の画像はキヤノンのカメラ用にキヤノンが発売しているEFレンズです。
ブログ管理人がキヤノンのカメラとレンズを使用しており、他メーカーのものよりも詳しいという事情もあり、ここからはキヤノンのEFレンズに絞って解説していきます。

スポンサーリンク

単焦点レンズを選ぶ

家電量販店等のカメラ売り場に行き、レンズが並んでいる棚の札を見ると「デジタル(APS-C)専用」「フルサイズ対応」のように書かれているかと思います。

「デジタル(APS-C)専用」のレンズはセンサーサイズがAPS-Cのカメラ専用で、フルサイズのカメラには使えません。
ニコンやソニーのカメラはフルサイズ機でもAPS-Cクロップモードにして使うことはできますが、フルサイズ機の性能を活かし切ることはできません。
逆に「フルサイズ対応」レンズはAPS-C機でも使うことができます。
初めはAPS-C機を買ったけれども、将来はフルサイズ機を買う予定で、APS-C専用レンズを買ってしまうとフルサイズ機に移行したときにレンズが無駄になるから、レンズはフルサイズ対応のものを揃えておく、という方々もいらっしゃいます。

キヤノンの場合は、APS-Cカメラ用のレンズをフルサイズ機では使えません。フルサイズ機にレンズを付けることはできますが、シャッターを切ったときにカメラのミラーが当たってしまうため、写真は撮れません。
カメラが壊れる可能性もあるので、キヤノンのフルサイズ機にAPS-C用レンズは使わない方がいいでしょう。
「フルサイズ対応」レンズは、キヤノンもAPS-C機で使うことができます。

そして、レンズが並んでいる棚を見て、「フルサイズ対応」で「単焦点」と書かれたレンズを選びます。
キヤノンのカメラ用には、「マウント」が「EF」と書かれたものを選びます。

単焦点レンズとは?

ズームレンズ
ズームレンズ出典 Canon
単焦点レンズ
単焦点レンズ出典 Canon
デジタル一眼(レフ)に付けるレンズは、大きく分けて「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」があります。
ズームレンズの方が一般的で、カメラのレンズキットモデルに付属するのもズームレンズがほとんどです。
単焦点レンズというのは「焦点距離が1つだけ」のレンズのことで、ズームができません。

単焦点レンズは基本的にレンズ構成枚数が少ないため、ズームができない代わりにズームレンズよりも画質が良いものが多く、背景を大きくぼかすこともできます。
レンズの価格も、単焦点レンズの方が安い傾向にあります。

背景を大きくぼかすことができる理由は、単焦点レンズの方がF値が小さいからです。
上記画像のズームレンズの方は、「F2.8L」「F4L」「F3.5-5.6」と書かれています。
単焦点レンズの方は「F2.8」「F1.2L」「F1.4」のように書かれています。
「L」というのはレンズの種類を表すキヤノン独自のもので、F値には関係ないので、ここでは省きます。
上記の中では「F1.2」が一番小さい値で、F1.2だと大きく背景がぼけます。

また、F値が同じで焦点距離が異なる場合は、焦点距離が大きい方が大きくぼけます。
上記画像の「EF50mm F1.2L USM」と「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」では、F値は「1.2」で同じですが、焦点距離は「85」の方が大きいので、「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」の方がぼけます。
ボケ量は簡単に計算できるので後述します。

※記載されている「F~」は下限の値で、「F1.2」のレンズを「F5.6」等に設定することはできます。
「F2.8」のレンズを「F1.2」に設定することはできません。
「F3.5-F5.6」というのは、このズームレンズの焦点距離「24mm-105mm」の間で、「24mm」に合わせると「F3.5」、「105mm」に合わせると「F5.6」になるという意味で、その間で上下します。「105mm」で「F3.5」にはできません。「24mm」で「F5.6」やそれ以上の値にはできます。

F値とは?

F値とは出典 弘前公園カメラ部
上記図ではF値「F5」と「F10」を比較しています。
「F5」の方が「被写界深度」が浅い(狭い)ため、「F10」よりも背景がぼけます。
「被写界深度」とは、ピントを合わせた部分の前後のピントが合っているように見える範囲のことです。

ニコンのサイトには、絞り値(F値)とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのこと、とあります。

Wikipediaには、F値とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値であり、レンズの明るさを示す指標として用いられる。F値が小さいほどレンズは明るく(=レンズを通る光量が多い)、シャッター速度を速くできる。F値のFは「焦点の」を意味するfocalから来ている。とあります。

どちらもF値=明るさのこと、と言っています。
明るさは、上記図のようにレンズを使用する範囲を変えることで変わります。レンズを広く使うと(絞り値(F値)が小さいと)前後にピントが合う範囲が狭くなります。前後にピントが合う範囲が狭いと、背景が大きくぼけます。
結果的に、F値が小さいと背景が大きくぼける、と言えます。

※余談ですが、人間や動物の目は、暗い場所では瞳が大きくなって光を多く取り込んで、暗がりでも物が見えるようになります。
その際に、カメラのレンズと同じく、瞳の眼球面が大きくなる分、背景がぼけて見えているのではないかと思うのですが、元々の眼球が小さいのであまり差が出ず、認識できないのかもしれません。

レンズのボケ量の計算

カメラのセンサーサイズが同じならば、レンズごとの最大ボケ量は「焦点距離÷F値」で簡単に計算できます。

レンズ名 焦点距離÷F値 最大ボケ量
EF50mm F1.2L USM 50÷1.2= 約41.67
EF85mm F1.2L Ⅱ USM 85÷1.2= 約70.83
EF24-70mm F2.8L USM (広角側)24÷2.8= 約8.57
EF24-70mm F2.8L USM (望遠側)70÷2.8= 25
EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM (広角側)70÷2.8= 25
EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM (望遠側)200÷2.8= 約71.43

スームレンズの「EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM」が、ボケ量については、望遠側「200mm」で「約71.43」と単焦点レンズを超えています。

ズームレンズで単焦点を超えるボケ量が出るのでお得に思えますが、「200mm」での撮影は、被写体からかなり離れる必要があります。また、このレンズは重たく(約1.5kg)、価格も高いので(22万円前後/2016年1月現在)、このレンズで撮りたいものが決まっているような状況でないと、なかなか手を出しにくいレンズです。

※「EF70-200mm ~」のレンズは、商品名が似ている別物レンズが複数あるので、もしも購入する際は注意してください。

おすすめのレンズ

5D+EF85LIIEOS 5D + EF85mm F1.2L Ⅱ USM
この画像はキヤノンの「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」というレンズで撮影したものです。
カメラは「EOS 5D」(EOS 5D Mark Ⅲではなく、初代5D)です。
F値はF1.2と一番小さく設定して、ドリンクカップのティーカップの絵辺りにピントを合わせています。
背景が大きくぼけ、手前もトレーの右前方がぼけています。
また、F値を小さくすると画像の四隅が暗くなり(「周辺減光」と言います)、写真の雰囲気としていい味が出ます。

この「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」は、背景が大きくぼけるだけでなく、画質も非常に良く、ポートレート撮影用のレンズとして高い評価を得ています。
人物を撮るならば、一番おすすめのレンズです。

価格が19万円前後と高く(2016年1月現在)、AF速度が遅く、重たく(約1kg)、手ぶれ補正はない、と画質以外は難点ばかりですが、何にも代えがたい画質があります。
人物を綺麗に撮りたい、ためだけにあるようなレンズで、目的が合致すれば、非常に満足できます。
※「EF85mm F1.2L USM」と「Ⅱ」が付かないⅠ型のレンズが14万円前後(2016年1月現在)で中古市場にあるようですが、Ⅰ型はおすすめしません。キヤノンの補修用性能部品の保存期間が過ぎており、故障しても修理できません。

「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」には手が届かないという方には、「EF85mm F1.8 USM」という単焦点レンズがあります。

価格は4万2千円前後(2016年1月現在)と安く、重さは約425gと軽いです。
F値はF1.8とやや大きいですが、背景は十分ぼけます。
レンズの軽さ故に使い勝手が良く、「EF85mm F1.8 USM」をメインに使っているプロの方もいらっしゃるようです。

焦点距離が50mmのレンズにも、安くて良いものがあります。

「EF50mm F1.4 USM」は、価格が4万円前後で重さは約290gと軽く、使い勝手の良いレンズです。
ブログ管理人も、デジタル一眼レフカメラを買って最初の1年は、このレンズ1本で撮っていました。
85mmよりはぼけませんが、「EF50mm F1.4 USM」でも十分背景がぼけます。

ねこ1 ねこ2

EOS Kiss X5 + EF50mm F1.4 USM 撮影場所 渋谷の猫カフェ ハピ猫
この写真は、EOS Kiss X5(APS-C機)とEF50mm F1.4 USMで撮ったものです。F値はF1.4に設定し、猫の目にピントを合わせています。

初めて買ったデジタル一眼(レフ)カメラがキヤノンのKiss Xシリーズ(APS-C機)という方は多いと思います。
そして、カメラ本体単体ではなく、多くの方がレンズキットモデルを買うのではないでしょうか。
付属するレンズは「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」や「EF-S55-250mm F4-5.6 IS Ⅱ」かと思います。
しかし、「単焦点レンズとは?」の項目で説明したように、レンズキットモデルのレンズはF値が「F3.5-5.6」と大きいため、背景があまりぼけません。

そこで、単焦点レンズの「EF50mm F1.4 USM」や「EF50mm F1.8 STM」を使います。
上の猫の写真は「EF50mm F1.4 USM」でF1.4の設定ですが、「EF50mm F1.8 STM」のF1.8でも、もう少しぼけが少ないぐらいで、十分ぼけるかと思います。

「EF50mm F1.8 STM」は1万5千円前後(2016年1月現在)で買えるので、APS-C機を買ったものの、背景があまりぼけずにがっかりしている方には、おすすめのレンズです。
※キヤノンのAPS-C機にフルサイズ用の「EF50mm F1.8 STM」レンズを付けると、フルサイズ機(35mm判)換算で約80mmの画角になります。「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」レンズでズーム50mmに合わせたときと同じ画角(視界の広さ)です。

まとめ

・人物を綺麗に撮るには、単焦点(たんしょうてん)レンズというものが適しています。
・レンズのF値が小さいと、背景が大きくぼけます。
・F値が同じで焦点距離が異なる場合は、焦点距離が大きい方が大きくぼけます。
・人物を撮るならば、「EF85mm F1.2L Ⅱ USM」が一番おすすめのレンズです。
・キヤノンのAPS-C機レンズキットモデルを買って、背景があまりぼけないとがっかりしている方には、「EF50mm F1.8 STM」がおすすめです。