アイ・オー・データが液晶ディスプレイ「PhotoCrysta」を6月上旬に発売予定~AdobeRGB比95%の広色域パネルを採用

IODATA_LCD-HC241XDB出典: I・O DATA
2016年5月25日(水)、アイ・オー・データ機器は、Adobe RGB比95%の広色域パネルを採用した23.8型のワイド液晶ディスプレイ「PhotoCrysta(LCD-HC241XDB)」を6月上旬に発売すると発表しました。

スポンサーリンク

主な特長

・Adobe RGBカバー率90%、Adobe RGB比95%(※標準値。アイ・オー・データ機器社調べ)。

・最大表示解像度は、1920×1080。

・パネルタイプは、TFT23.8型ワイド LED/非光沢パネル/ADSパネル。

・広視野角ADS(Advanced super Dimension Switch)パネルを採用し、見る位置や角度による色やコントラストの変化が少ない。
 ※ADSはFFS方式(Fringe Field Switching)に近い方式。

・超解像技術により、画像拡大を行った際に生じる画像のぼやけを改善し、解像感を大幅にUP、低解像度の映像も美しく再現。

・オーバードライブ機能で応答速度5.1msを実現し、動きの激しい映像やゲームでもクッキリした映像を実現。

・高さや角度を好みに合わせて調整できる「フリースタイルスタンド」や、わずか8mmの極細フレームを採用。

・上下のフレーム幅がほぼ同じサイズでスッキリとしたデザインにより、縦型表示時にも少ない違和感。

・画面回転アプリ「クルッとな」を使って、簡単に画面表示を回転可能。

・HDMI端子(2ポート)とDisplayPort端子を搭載。

・スピーカー(1W+1W:ステレオ)を本体に標準搭載。

・背面のUSBポートで急速充電(最大3.0A)が可能。モニターに電源が供給されていればスタンバイ時でも給電が可能。
 ※USBポートは給電のみ対応。

・スティック型パソコンを使えば、サイネージにも使用可能。

・画面のちらつき(フリッカー)が起きない「フリッカーレス」設計を採用。

・液晶ディスプレイ単体でブルーライトを低減させる機能「ブルーリダクション」を搭載。低減率を5段階で調節可能。

・パソコンの電源に連動して、自動的に液晶ディスプレイの電源をオフにする「自動電源オフ機能」を搭載。

・壁掛けやスタンドに取り付ける際の共通規格「VESA」に対応。

・消費電力は、最大51W、通常使用時(オンモード)19.3W、待機時0.5W。

・外形寸法は、スタンドありで547×226×388~496mm。

・質量は、スタンドありで5.5kg。

・オープン価格。

ソース:アイ・オー・データ機器 新商品情報

液晶ディスプレイについて

ブログ管理人は、光沢パネルが好きです。
スマホやタブレットと同じく、ノートPCや大きい液晶ディスプレイにも光沢フィルターを貼って使用しています。

ブログ管理人は、非光沢パネルの方が長時間画面を見ていると目が疲れるため、光沢パネルで画面を周囲の明るさと同等、もしくは少し暗めにして使っています。

非光沢パネルは、画面に当たる光を乱反射させることにより、画面への映り込みを抑えています。
その乱反射によるためなのか、画面に映る文字や画像・映像が、ややぼやけて見えます。
そのぼやけた文字を一生懸命に目が焦点を合わせて見ようとするために、非常に目が疲れます。

さらに、画面への映り込みが少ないと、目がずっと同じ焦点に固定されます。
画面への映り込みがあると、適度に画面に映り込んだものに焦点が移動して、目の運動になります。

ブログ管理人が考察した理由なので、正しいかどうかわかりませんが、実際に非光沢パネルや光沢パネルでも映り込みが少ないパネルで作業をすると、30分ほどで、画面以外の紙の文字などを見たときに、視力が落ちたようにぼやけて見えます。
一晩寝ると治りますが、いかにも目が悪くなりそうで、非光沢パネルは避けています。

液晶ディスプレイに貼る光沢フィルターをいくつか試しましたが、微妙に違いがあります。
1週間ほど使っていると、液晶画面に写した写真やWebサイトの画像、デザインが、ずっと見ていたくなるほどきれいに見えてきたり、逆に無味乾燥に見えたりと、違いがわかってきます。

きれいに見えるおすすめの光沢フィルターは、サンワサプライのものです。
SANWA SUPPLY LCD-230KW 液晶保護光沢フィルム(23型ワイド)
※画像は4:3サイズの液晶ディスプレイになっていますが、商品は23インチワイドサイズです。
※「LCD-230KW」はメーカー販売は終了していて、Amazonに出品者による新品がわずかに残っているようです。
※楽天の方に出る「LCD-230W」という「K」がない型番のものは「非光沢」フィルターです。「光沢」ではないので、ご注意ください。
※24インチのものはAmazonにも見当たらず、23インチワイドサイズだと、23.8インチのこの液晶ディスプレイには、やや小さいかもしれません。