富士フィルムがXマウント用テレコンバーター「XF2X TC WR」を6月16日に発売予定

富士フィルム_テレコンバーター_XF2X_TC_WR出典: 富士フィルム
2016年5月19日(木)、富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの焦点距離を2倍に拡大するテレコンバーター「フジノン テレコンバーター XF2X TC WR」を6月16日(木)より発売すると発表しました。

スポンサーリンク

主な特長

・5群9枚のレンズ構成を採用。

・テレコンバーターの球面収差と色収差を低減し、主レンズの光学性能を十分に活かしつつ、焦焦点距離を2倍に拡大。
 ※F値は2段暗くなる。

・装着可能なレンズは「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR/フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」(2016年5月19日現在)。

・「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」と組み合わせた場合はコントラストAFでの使用が可能。「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」と組み合わせた場合は位相差AFでの使用も可能。

・「XF2X TC WR」を装着しても、主レンズの手振れ補正性能は維持。
 ※CIPAガイドライン準拠。望遠端にて測定。

・防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。

・金属外装による高品位な外観。主レンズとの一体感のあるデザインを採用。

・最大径58mmx長さ30.2mm、質量170g(レンズキャップ含まず)。

・専用レンズフロントキャップ、レンズリアキャップRLCP-001、レンズポーチが付属。

・オープン価格。

ソース:富士フィルム ニュースリリース

まとめ

富士フィルムのカメラといえば、 昔、デジタル一眼レフ「FinePix S5 Pro」の画像をネットで見て、その色味に見惚れました。

富士フィルムの主力だった銀塩カメラのフィルム市場は壊滅し、デジタルカメラ事業は、現在はクラシカルなミラーレス一眼に特化しています。
富士フィルムの企業としては、長年培ってきた写真フィルムの製造技術を転用してスキンケア化粧品事業に進出し、成功を収めているという記事を目にしました。

富士フイルム、なぜ写真事業消滅の危機から構造転換成功?ヘルスケア1兆円への挑戦
http://biz-journal.jp/2014/07/post_5465.html

富士フィルムは事業の選択と集中がうまい企業というイメージです。
デジカメ事業でも、技術を活かして、また新たなジャンルを開拓してくれたら、おもしろいことになりそうです。