【ポートレート】日中屋外での人物撮影テクニック【コスプレ】

早瀬みるさんモデル: 早瀬みるさん
デジタル一眼(レフ)カメラとレンズを用意して、モデルさんにもお願いをして写真を撮ってみたものの、なんだかぱっとしない写真になってしまう。
そんなとき、モデルさんの斜め後ろに太陽が位置する半逆光で撮影すると綺麗に撮れます。

上記の写真を見本として、カメラの設定も含めた撮影方法を解説します。
撮影カメラは、キヤノンEOS 5D、レンズは、EF85mm F1.2L Ⅱ USMです。F値はF2、ISO感度は100です。

※撮影道具は、カメラとレンズと80-110cmほどのレフ板が必要です。ストロボは使いません。
※太陽が真上に来る昼12:00前後は、頭上に光源が来るトップ光となるため、撮影に適しません。午前11時前、午後1時以降のやや太陽が傾いている時間帯が望ましいです。

スポンサーリンク

カメラの設定を行う

キヤノンのEOS 6Dの設定項目を元に解説します。

記録画質を設定する

記録画質は「RAW+M(JPEG)」を選択します。

RAWファイルさえあれば、JPEGは後からパソコンで作成できるので「RAW」のみでもいいのですが、撮影現場で画像速報をツイッターに上げる場合等、JPEGがあると便利なので選択しておきます。
RAW現像時の色見本としてもJPEGは役に立ちます。

JPEGは最大サイズの「L」でもよく、ここではスマホサイズに適した「M」を選択しています。

モードダイヤルを設定する

モードダイヤルを「Av(絞り優先AE)」に設定します。

「Av」にすると、絞り値(F値)を設定して背景のボケ具合を調整できます。
記事冒頭の写真はF2に設定しています。

F値については、下記記事の「F値とは?」項目を参照ください。
http://attech.info/contents-6/

ISO感度を設定する

ISO感度を「100」に設定します。

太陽が出ている日中屋外は充分明るいので、一番画質が良くなるISO「100」にします。
曇り空で暗かったり、絞り値(F値)を上げてシャッター速度が遅くなる場合は、手ぶれしないシャッター速度になるようISO感度を「200~800」程度に上げます。

最近のデジタル一眼(レフ)カメラは高感度撮影に強く、ISO感度を「1600」以上に上げても綺麗に写りますが、最高画質を目指すなら、ISO感度は「100~200」が望ましいです。

シャッター速度について

モードダイヤルが「Av(絞り優先AE)」の場合は、シャッター速度を直接設定することはできません。
周囲の明るさや絞り値(F値)、ISO感度の設定によって、シャッター速度が変動します。

モードダイヤルを「Tv(シャッター優先AE)」に設定すれば、シャッター速度を直接設定できますが、今度は「絞り値(F値)」の方が変動します。
人物撮影の場合は、「絞り値(F値)」で背景のボケ具合を調整するので、「絞り値(F値)」は変動しない方がいいです。

シャッター速度は、撮影時にファインダー内に表示されるので、速度が遅くならないように注意しながら撮影します。

一般的に、手ブレしないシャッター速度は、「1/レンズの焦点距離」秒と言われています。

35mmレンズならば、1/35秒。
85mmレンズならば、1/85秒。
200mmレンズならば、1/200秒。

望遠レンズになるほど、速いシャッター速度が求められます。

カメラ本体やレンズに手ぶれ補正機能がある場合は、もっと遅くてもいいかと思います。
かといって、あまりにも遅いと、人物撮影の場合は被写体ぶれが起きるので、ほどほどの速さは必要です。

また、最近のカメラは画素数が多く、画素数が多いとより手ぶれにはシビアになるので、上記の計算よりも速いシャッター速度が求められます。

測光モードを設定する

測光モードは「評価測光」に設定します。

ファインダーから覗いた景色の中で一部分だけが明るく、その明るさに合わせた写真を撮りたい場合等、特殊な場合を除いて、「評価測光」にしておけば問題ありません。

露出補正を行う

露出補正を「+-0」に設定します。

デジタル一眼(レフ)カメラの特性として、暗く写った画像を明るくするのは容易ですが、明るすぎて白とびしてしまった画像を暗くするのは困難です。
したがって、若干暗めの露出補正「-0.3~-0.7」でRAW撮影し、後からRAW現像で明るくするのが無難です。

古い機種のカメラは、露出補正「+-0」だと明るく写ってしまうため、「-0.3~-0.7」に設定して撮影します。記事冒頭の写真も「-0.3」で撮影しています。
しかし、比較的新しいEOS 6Dでは「+-0」の設定で若干暗めに写る傾向があるので、「+-0」で問題ありません。

キヤノンの他の機種や他社のカメラはどういう傾向かわかりませんが、撮影してみて露出補正が必要ならば、補正すればいいかと思います。

露出補正については、下記記事も参照ください。
http://attech.info/photography-technique-dark-place/

ホワイトバランスを設定する

ホワイトバランスは「オート(AWB)」に設定します。

キヤノンのカメラはホワイトバランス調整が優秀なので、「オート」で綺麗な色合いになります。

※パソコンのCameraRAWソフトでRAW現像を行う際に、ホワイトバランス「撮影時の設定」を多用するので、逆に「オート」に設定しておくと良いです。

その他の設定

EOS 6Dの場合は、「高感度撮影時のノイズ低減」「高輝度別・階調優先」「レンズ光学補正」等の設定項目があります。
どれも若干画質に悪影響を与えるので、必要なければすべてOFFにします。

※ブログ管理人はすべてOFFで撮影していますが、これらの機能をよく理解していない面もあるので、必要な場合はONでもいいかと思います。

モデルさんを撮影する

カメラの設定が終わったら、いよいよモデルさんの撮影を行います。
が、カメラのシャッターを切ることに関連した設定を、もう少し解説します。

AFフレームを設定する

6D_AFフレーム2
ポートレート等の人物撮影では、カメラを縦向きにして撮影することが多くなります。
その際に、AFフレームは中央ではなく、ピントを合わせる被写体の目に近い位置を選択します。

カメラの右手側を上にして縦に構えた場合は、上記図の赤枠で囲った右端のAFフレームを選択します。
左手側を上にした場合は、左端のAFフレームを選択します。

EOS 6DのAFフレームは、中央以外は精度が悪いと言われています。
しかし、カメラを構えた際に、中央のAFフレームでピントを合わせてからカメラを動かして構図を整えると、カメラの振り幅(コサイン誤差)が大きく、ピントが外れる可能性が高くなります。
それよりは、モデルさんの目に一番近いAFフレームでピントを合わせて、カメラの振り幅を少なくした方がピントが合いやすくなります。

ピントの合わせ方

カメラの設定にもよりますが、シャッターボタンを半押しするとAF(オートフォーカス)が作動して、ピントが合います。

その際に、ピントを合わせるテクニックとして、シャッター半押しでピントが合ったら指の力を抜いてシャッターを戻し、再度シャッター半押しをしてピントを合わせます。
このシャッター半押しを繰り返すと、だんだんとピントの精度が上がっていきます。

3〜4回繰り返すとAFがほぼ動かなくなり、精度良くピントが合った状態になります。
カメラを構えた体が前後しないよう意識してシャッターを切ります。
これでもまだピントが合わない場合は、カメラかレンズのAFが狂っているので、サービスセンターに調整に出します。

また、人物の目にピントを合わせるとき、AFフレームを白目と黒目の境界に持って行くと、コントラストがはっきりしているので、ピントが合いやすくなります。

それでは、いよいよ撮影に入ります。

半逆光で撮影する

順光_逆光_斜光_半逆光出典 スタジオグラフィックス
モデルさんを半逆光で撮影すると、綺麗に撮れます。

カメラを構えて撮影するときに、逆光や半逆光だとモデルさんの顔に光が当たらないので、顔が暗くなってしまいます。
それを避けようと、初心者の方は順光で撮ってしまいがちです。
しかし、順光や半順光で撮ると、前方斜め上からの強い太陽の光で、目、鼻、頬、口元辺りに影ができてしまいます。

顔に影を作らないためには、逆光や半逆光で顔全体を暗くして、暗くなった顔に向けて、前方からレフ板の柔らかい反射光で顔を照らします。
レフ板が使用できない場合は、顔が暗いままで撮影し、後からRAW現像で顔を明るくするという手もあります。
また、モデルさんにしゃがんでもらうと、地面からの照り返しで顔が明るくなります。

曇りの日は、雲がディフューザー代わりになって太陽光が柔らかく拡散されるので、順光でもそこそこ綺麗に撮れます。

また、半逆光だと、髪の毛にハイライトが入り、モデルさんに透明感が出ます。

レフ板で光を当てる

一般的なレフ板には、白い面(白レフ)と銀の面(銀レフ)があります。

晴れた日の屋外等、強い光源の下では、反射の弱い白レフを使い、曇りの日や弱い光源の下では、反射の強い銀レフを使います。
それぞれ意図があれは、どちらを使っても問題ありません。

ただし、人物の前方斜め下からレフ板で光を当てる場合、レフ板からの光が強いとお化けライティングのようになってしまうので注意が必要です。

ポートレートや様々な人物写真で、モデルさんに向けて、どのようにレフ板(やソフトボックス)の光を当てているかは、撮られた写真のモデルさんの瞳を見るとわかります。
光を当てたレフ板が、瞳にキャッチライト(瞳に写り込ませる光)として入り込んでいます。
レフ板を斜め下から当てていれば、瞳の斜め下にレフ板が写り込みます。
顔の間近で当てていれば瞳に大きく写り、少し離れた距離からならば、小さく点のように写ります。

冒頭の写真は、1人で白レフ(直径107cm)を構えて、カメラも持って(85mmレンズなのでモデルさんからやや離れた位置から)撮影しているので、少し離れた真正面からのレフ当てとなり、モデルさんの瞳の真ん中辺りに点のように写り込んでいます。
カメラに直付けしたストロボからの発光のようなキャッチライトですが、光が当たった肌の質感に、ストロボ直射光のような不自然さはないかと思います。

下記の写真は、白レフをモデルさんの間近、向かって左斜め下から当てているので、瞳に大きくキャッチライトが入っています。
早瀬みるさん2モデル: 早瀬みるさん
レフ板を持ってくれるもう1人の方がいたり、レフホルダーがあると、このように撮ることができ、撮影の幅が広がります。

レフ板は、下記のものが107cmで約1500円と安く(2016年2月現在)、おすすめです。
当記事に掲載している写真も、これを使っています。

撮影後のRAW現像

RAW現像のやり方については、下記の記事を参照ください。
http://attech.info/raw-development-technique/

撮影に使用したカメラとレンズと作例

撮影には下記のカメラとレンズを使用しています。

Canon EOS 5D(初代)(中古で約4万円 2016年4月現在)
2005年発売のカメラのため新品はなく、キヤノンの修理対応期間も終了しています。
古いカメラなので高感度撮影能力は低く暗い場所での撮影は苦手ですが、昼間の明るい場所での撮影は今でも最高レベルの画質です。
一番安く買えるフルサイズのカメラなので、壊れたら終わりと割り切れば、お買い得のカメラです。
1200万画素と画素数が少ないので、RAW現像でパソコンの処理能力にも負担をかけません。

Canon EOS 6D(約14万円 2016年4月現在)
当記事の撮影では使用していませんが、キヤノンの現行フルサイズ機で一番安くお手頃な機種です。
写真の画質は5D MarkⅢと同等か、画素ピッチが大きい分6Dの方がやや上だと思われます。動画の画質や耐久性、AF性能等は5D MarkⅢの方が上です。

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(約19万円 2016年5月現在)
「ポートレートを撮るならば、このレンズで」と言う程、キヤノンの人物撮り用レンズの最高峰です。
人物や衣装の解像感、質感、艶がすばらしく綺麗に表現されます。
このレンズを使うために、キヤノンのカメラ(フルサイズ機が良いです)を買うという方もいるようです。
また、ブログ管理人の感想ですが、初代5DとEF85mm F1.2L Ⅱ USMの組み合わせで、昼間の明るい場所で撮った人物写真が一番画質が良い気がします(当記事の写真も、この組み合わせです)。
初代5Dのカメラ側が解像感、立体感を出し、EF85mm F1.2L Ⅱ USMのレンズ側が同じく解像感と、質感、艶を表現するようなイメージです。
初代5Dと6Dを比べると、初代5Dの方が画素ピッチが大きくローパスフィルターも薄いそうで、解像感や立体感は上です(6Dは絞っても(F値を上げても)立体感が出ません)。
初代5Dは上記の通り、もう中古でしか購入できませんが、可能ならば、ぜひおすすめしたい組み合わせです。

この「初代5DとEF85mm F1.2L Ⅱ USM」の組み合わせで、日中屋外の明るい場所で撮った作例が下記になります。
http://attech.info/event-report-comiket89/

「6DとEF85mm F1.2L Ⅱ USM」の組み合わせで撮った作例は下記になります。
http://attech.info/event-report-niconicochokaigi2015/

まとめ

・モデルさんの斜め後ろに太陽が位置する半逆光で撮影すると綺麗に撮れます。

カメラの設定を行う
・記録画質は「RAW+M(JPEG)」を選択します。
・モードダイヤルを「Av(絞り優先AE)」に設定します。
・ISO感度を「100」に設定します。
・手ブレしないシャッター速度は、「1/レンズの焦点距離」秒と言われています。
・最近のカメラは画素数が多く、画素数が多いとより手ぶれにはシビアになるので、上記の計算よりも速いシャッター速度が求められます。
・測光モードは「評価測光」に設定します。
・露出補正を「+-0」に設定します。
・ホワイトバランスは「オート(AWB)」に設定します。

モデルさんを撮影する
・AFフレームは中央ではなく、ピントを合わせる被写体の目に近い位置を選択します。
・シャッター半押しを繰り返すと、だんだんとピントの精度が上がっていきます。
・人物の目にピントを合わせるとき、AFフレームを白目と黒目の境界に持って行くと、コントラストがはっきりしているので、ピントが合いやすくなります。
・モデルさんを半逆光で撮影すると、綺麗に撮れます。
・半逆光だと、髪の毛にハイライトが入り、モデルさんに透明感が出ます。
・晴れた日の屋外等、強い光源の下では、反射の弱い白レフを使い、曇りの日や弱い光源の下では、反射の強い銀レフを使います。