「WWDC 2016」で発表された「iOS10」ほかの新機能まとめ

iOS10画像引用元: Apple
2016年6月13日(月)午前10時(日本時間 6月14日(火)午前2時)から、米Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」の基調講演が開催されました。
その中で、iOS10、macOS(OS X)、watchOS、tvOS等の新バージョンが発表されました。

スポンサーリンク

iOS10の新機能

・標準アプリの一部が削除可能になる。
ソース:アプリオ

・RAW写真が撮れるようになる。
ソース:TechCrunch Japan

・ロック画面機能の強化。

・Siriでサードパーティアプリの操作が可能になる。

・キーボード「QuickType」の入力予測がディープラーニング技術により高度になる。

・写真の画像認識で顔以外に動物や景色も検索できるようになる。アルバム自動作成機能も追加される。

・マップからサードパーティアプリの操作が可能になる。OpenTableに予約を入れたりUberで配車手配ができる。

・Apple Musicのデザイン変更。

・ニュースのデザイン変更。

・「Home」アプリでHomeKit対応家電をまとめて操作可能になる。

・留守録の音声をテキスト化する機能が追加される。

・メッセージに新機能が追加される。
ソース:ITmedia ニュース

・迷惑電話判定。

・ウェアラブルによるロック解除。
ソース:iPhone Mania

macOSの新機能

・OS XからmacOS Sierra(シエラ)に名称変更。

・Apple Watchでログインが可能になる。

・MacやiOSなど、すべての端末でクリップボードの内容を共有できるUniversal Clipboard機能の実装.

・iCloud Driveの強化。デスクトップにおいてあるファイルも共有可能になる。

・Apple PayをMacでも利用可能になる(オンライン決済ができるようになる)。

・すべてのアプリケーションがタブ化可能になる。

・MacにSiriが搭載。

・パブリックベータは7月、ベータは秋より配布予定。
ソース:iPhone Mania

watchOS3の新機能

・アプリの起動速度が7倍に向上。

・「Dock」で起動中のアプリを表示し、スワイプで切り替えて、すばやいアプリの起動が可能になる。

・英語のほかに中国語に対応した手書き機能が追加。

・ウォッチフェイスにミニーマウスが追加。

・Apple Watchの側面ボタンを押して緊急電話がかけられる。

・「Breathe」アプリが定期的に深呼吸を促してくれる。

・アクティビティ(活動・行動)を友人と共有できる。

・アップデートは秋ごろの予定。
ソース:iPhone Mania

tvOSの新機能

・Apple TVのリモコンが強化される。Siriでの音声操作も可能になる。

・現在生中継されているコンテンツをSiriで検索可能になる。

・DisneyやCBS、ESPNなど、新しいライブチャンネル追加される。

・「Single sign-on」機能の追加。1度のログインで配信コンテンツ全体の認証が済む。

・新しい4つのコントローラーに対応予定。マインクラフトやスケッチパーティーなどが近日追加予定。

・ゲームプレイを録画できる「ReplayKit」を搭載。

・iCloudの画像にアクセスできる「PhotoKit」を搭載。

・IoTのデバイスを操作できる「HomeKit」などを搭載。

・ダークモードや自動ダウンロード機能も搭載。

・開発者向けプレビュー版は同日(2016年6月13日(現地時間))公開、一般向けのリリースは秋頃を予定。
ソース:iPhone Mania iPhone Mania

まとめ

2016年5月にティム・クックCEOが、iPhone7には「これなしでは生きられなくなる機能」が搭載されると発言していました。
今回の「iOS10」の新機能の中に含まれているのか、まだ未発表なのか、大げさに言っただけなのか、気になるところです。