【エアリアルレジェンズ(エアレジェ)-攻略日記7日目】2章の2 ストーリー 2章4話 わしの研究所 ほか(ストーリーのセリフ書き出し)【無課金】

エアリアルレジェンズ
エアリアルレジェンズ(エアレジェ)を無課金でプレイする攻略日記です。
主にストーリーをたどって、セリフを書き出します。ネタバレ含みます。

[本日のプレイ]
・第2章 王都防衛戦
 ・2章の2 ストーリー 2章4話 わしの研究所
 ・ディバイチャレンジ
 ・2章の3 バトル 2-3-1 街を包む脅威
 ・2章の3 バトル 2-3-2 魔物の行進
 ・2章の3 バトル 2-3-3 禍根の連鎖

→リセマラ方法についてはこちら

スポンサーリンク

2章の2 ストーリー 2章4話 わしの研究所

本日は、[2章の2 ストーリー 2章4話 わしの研究所]から始めます。

いつもの街並みとは違って、どこかの室内でディバイが話しかけてきました。

ディバイ「アトテク、ちょっと待ってくれんか?」
ハミィ「どうかしたです?」
ハミィ「あ、わかったのだ、ディバイ、トイレなのだ? もうトシだからしょうがな…」
ディバイ「ちがうわい!!」
ティア「ねぇ、ここってディバイの研究所の近くよね?」

(「研究所?」を選択しました)
ディバイ「うむ、ウィングリットなどエアを用いた技術の研究をしておる。」
ディバイ「これから先、どんな魔物が出てくるかわからんからのう。」
ディバイ「そのためにもウィングリットをもっと強くせねばならん!」
ディバイ「アトテクよ、ウィングリットを強くしたければ、わしの研究所へ来るのじゃぞ!」
ディバイ「フォフォフォ、わしが腕によりをかけて改造してやるからのう!」

ここで画面が切り替わり、ストーリークリアしました。
初回クリア報酬として、[虹のしおり]1枚を獲得しました。

ディバイチャレンジ

続けて、マップ上でハミィが話し始めました。

ハミィ「む! あっちでディバイが、」
ハミィ「大砲船を改造したいってシャウトしてる気がするです。」
ハミィ「前からしたいって言ってたから ついに気持ちが爆発したのだ。」
ハミィ「年寄りの話は長いけど、アトテクは聞いてやるですよね?」
ハミィ「きっと、戦闘で有利になること教えてくれるのだ!」

ここでハミィの解説が終わりました。
マップ上の[ディバイチャレンジ]をタップすると、[ディバイチャレンジ チャレンジ 大砲船 ディバイのお話し1]クエストを行えるようですが、[1/15]と長そうなので、後回しにします。

2章の3 バトル 2-3-1 街を包む脅威

次は、[2章の3 バトル 2-3-1 街を包む脅威]を行います。

画面を進めて、[ゲスト選択]も行い、[バトル開始]しました。
レジェンズたちを出動させて、大砲船ウィングリットも前進します。

レジェンズたちのHPをジキル(魔法使い)のケミカル・ポーションで回復させながら戦い、意外にあっさりとボスを倒しました。

初回クリア報酬として、[虹のしおり]1枚を獲得しました。
今回は、[クラスレベル2以上のキャラクターのみでクリア]と[2:30位内にクリア]の条件を達成しました。
[???????]は、謎のまま達成できませんでした。

2章の3 バトル 2-3-2 魔物の行進

続けて、[2章の3 バトル 2-3-2 魔物の行進]を行います。

[バトル開始]をして、先程と同じく、ジキル(魔法使い)のケミカル・ポーションでレジェンズたちの体力を回復させながら前進します。
そして、今回も苦労せず、ボスを倒しました。

初回クリア報酬として、[虹のしおり]1枚を獲得しました。
今回は、[アーツでフィニッシュ]ほか、1つもクリア条件を達成できませんでした。

2章の3 バトル 2-3-3 禍根の連鎖

引き続き、[2章の3 バトル 2-3-3 禍根の連鎖]を行います。

[バトル開始]をして、レジェンズたちを前進させます。
しかし、今回は多少手こずりました。
ジキルを最後に出動させたら、他のレジェンズたちのHPを回復させるのがぎりぎりになってしまい、敵もそこそこ強くて、苦戦の末に何とかボスを倒しました。

初回クリア報酬として、[虹のしおり]1枚を獲得しました。
今回も、[アタッカーをパーティーに加えずにクリア]ほか、1つもクリア条件を達成できませんでした。

次は、[2章の3 バトル 2-3-4 荒らされた王都を前に]を行いますが、ここでいったんプレイを終了します。

アプリ情報

エアリアルレジェンズ

エアリアルレジェンズ
開発元:GoodLuck3 Inc.
無料
posted with アプリーチ

次の攻略記事

エアリアルレジェンズ(エアレジェ)を無課金でプレイする攻略日記です。 主にストーリーをたどって、セリフを書き出します。ネタバレ含みます。 [本日のプレイ] ・第2章 王都防衛戦  ・2...