Google「バックアップと同期」アプリでファイルがアップされる場所

スポンサーリンク

Webブラウザで「Googleフォト」「Googleドライブ」サイトに画像(と動画)をアップロードする

パソコンやスマホのアプリを使う方法以外には、Webブラウザで「Googleフォト」サイトや「Googleドライブ」サイトにアクセスをして、画像(と動画)をドラッグ&ドロップでアップロードすることができます。

「Googleフォト」サイト

1.サイトにアクセスをして、[フォト]タブを開いたら、ドラッグ&ドロップで画像ファイルをアップロードします。

2.ここからアップロードされた画像は、「「Googleフォト」アプリ(Android)」見出しと同じ箇所にファイルが表示されます。

「Googleドライブ」サイト

1.サイトにアクセスをして、[マイドライブ]下や[パソコン]下にアップロードすることができます。
※[共有アイテム][Googleフォト][スター付き][ゴミ箱][バックアップ]下にはアップロードできません。

2.ここからアップロードした画像は、フォルダの場所によって挙動が異なります。
[マイドライブ]下:同期しているローカルフォルダにも表示される。
[マイドライブ]下の[Googleフォト]下:「Googleフォト」にも同期しているローカルフォルダにも表示されない。「Googleドライブ」の[Googleフォト]下にも表示されない。
[パソコン]下の[バックアップ対象フォルダ]下(ここでは[テスト]下):バックアップ対象のローカルフォルダにも表示される。「Googleフォト」には表示されない。「Googleドライブ」の[Googleフォト]下にも表示されない。
※バックアップ対象のローカルフォルダとは「同期」ではなく、ローカルフォルダからの「バックアップ」のはずですが、なぜか「同期」されて、ローカルフォルダにもファイルが表示(ダウンロード)されます。

まとめ

以上、画像(と動画)ファイルがアップロードされる場所の違いの観点から、それぞれのアプリやサイトの挙動は、大きく3つのパターンに分けることができます。

  • 1. パソコン「バックアップと同期」アプリの[マイ ノートパソコン]で「バックアップ」
  •  「Googleフォト」と「Googleドライブ」の[パソコン]下にアップロード
  • 2. パソコン「バックアップと同期」アプリの[Googleドライブ]で「同期」
  •  「Googleドライブ」の[マイドライブ]下にアップロード
  • 3. スマホ「Googleフォト」アプリで「バックアップ」
  •  「Googleフォト」と「Googleドライブ」の[Googleフォト]下にアップロード
  • ※それぞれ「バックアップ」と「同期」という違いもあります。

このうち、「2.」の場合は、「Googleフォト」にはアップロードされません。

「Googleフォト」にもアップロードされる「1.」と「3.」のうち、「3.」は旧来の方法と同じで、画像のフォルダ分けはされません(「Googleドライブ」側では、「2018」等、年ごとのフォルダ分けのみされます)。

「1.」は、パソコン内の画像(と動画)しかアップロードできませんが(スマホ内の画像(と動画)はできない)、「バックアップと同期」アプリがリリースされて以降の新しいバックアップ方法で、ローカルフォルダ内と同じフォルダ構成のままファイルをアップロードできます。

なお、「1.」の方法でバックアップする際に、[写真と動画のアップロードサイズ]を「高画質(無料、容量無制限)」に設定した場合、[Googleフォト]側だけでなく、[Googleドライブ]-[パソコン]下にあるファイルも「圧縮」されたファイルになります。

error:Content is protected !!