【Googleカレンダー】天気予報を表示させる方法

Googleカレンダーに天気情報を提供していた「livedoor 天気」サービスが2020年7月31日(金)にサービスを終了したことにより、Googleカレンダーには天気予報が表示されなくなりました。

そこで今回は、他のサービスを使うことにより、Googleカレンダーに天気予報を表示させる方法を紹介します。

天気予報を表示させる方法

※ここでは、Windows10のChromeブラウザ(バージョン 86.0.4240.75)を使用します。

1.Chromeを起動して、Googleカレンダーサイトにアクセスします。

2.Web版Googleカレンダーが開くので、画面右上の「歯車(設定メニュー)」アイコンをクリックします。
「メニュー」画面が開くので、「設定」をクリックします。

3.「設定」ページが開くので、左側メニューの「カレンダーを追加 ∨」をクリックします。
「カレンダーを追加」のメニューが開くので、「URLで追加」をクリックします。

4.右側画面に「URLで追加」画面が開くので、「カレンダーのURL」欄に、下記「iCal週間天気予報のデータURLを取得する方法」見出しのやり方で取得したURLを貼り付けて、「カレンダーを追加」をクリックします。
Chrome_Googleカレンダー_カレンダーを追加_URL

5.画面下に「カレンダーを追加しました」と表示されるので、画面左上の「←(戻る)」をクリックします。

6.「カレンダー」ページに戻り、今日から1週間分の天気予報が各日付に表示されます。

iCal週間天気予報のデータURLを取得する方法

7.「iCal週間天気予報(ITエンジニアがときめく自動化の魔法)」様のサイトにアクセスします。

8.サイトが開くので、画面を下方にスクロールして、「週間天気予報データ」項目にある「都道府県」「場所」の中から天気予報を表示させたい地域の「データ」列にある「ical」部分をマウスで右クリックします。

9.右クリックメニュー(コンテキストメニュー)が開くので、「リンクアドレスをコピー(E)」を左クリックします。

これで、WindowsのクリップボードにURLがコピーされました。
あとは、上記「4.」の画面で、「カレンダーのURL」欄をマウスで左クリックして選択状態にして、マウスを右クリックして開いたメニューの「貼り付け(P)」をクリックします。

補足・注意点

・パソコン(Windows)でWeb版Googleカレンダーに「iCal週間天気予報」を追加しても、AndroidスマートフォンのAndroid版Googleカレンダーアプリには天気予報が表示されません。

・Android版Googleカレンダーアプリにも天気予報を表示させるには、別途「iCalSync」等のアプリに「iCal週間天気予報」を登録してAndroid版Googleカレンダーアプリと同期させる必要があります。

・iPhoneやiPad等のiOS版Googleカレンダーアプリには、サイドメニューに「iCal週間予報(~)」が表示されるので、「✓」を入れるとWeb版Googleカレンダーと同様に天気予報が表示されます。
iOS版Googleカレンダー_iCal週間予報

アプリ
スポンサーリンク
この記事が気に入っていただけたら シェアしてくださるとうれしいです!
アトテク
error:Content is protected !!