【Google Chrome】Webページを拡大・縮小する方法

WebブラウザのGoogle Chrome(グーグル クローム)では、開いたWebページのサイズ(テキスト、画像、動画等のサイズ)を全体的に拡大したり縮小させることができます。

今回は、このGoogle ChromeでWebページを拡大・縮小する方法を紹介します。

※当記事では、Windows10でChrome(バージョン 88.0.4324.150)を使用します。

Webページを拡大・縮小する方法

1.Chromeを起動して、拡大や縮小表示をしたいwebサイトのページを開きます。

2.Chromeの画面右上「︙(その他)」アイコンをクリックします。

3.「その他」画面が開くので、「ズーム」項目の「-」か「+」をマウスで左クリックします。
※「-」をクリックするとWebページの表示サイズが縮小し、「+」をクリックすると拡大します。
Windows10_Chrome_ズーム_拡大_縮小

補足・注意点

キーボードのショートカットでも拡大・縮小、その他の操作を行うことができます。
Chromeで表示したWebページ上をマウスで左クリックする等してアクティブ状態にして、下記のキーを押したり操作をします。

[Ctrl]+[+]:拡大
[Ctrl]+[-]:縮小
[Ctrl]+[0]:100%に戻す(リセット)
[Ctrl]+[マウスのホイールを回す]:拡大や縮小
[F11]:全画面表示(再度[F11]を押すと戻る)

アプリ
スポンサーリンク
この記事が気に入っていただけたら シェアしてくださるとうれしいです!
アトテク
error:Content is protected !!