【マイクラ】目印のない場所で迷子にならないようにする方法

Minecraft(マインクラフト)は、自分だけの世界を探検したり、想像できるあらゆるものを作ったりするゲームです。しかし、広大なマップには危険も多く、目印のない場所で迷子になってしまうこともあります。

そこで今回は、このMinecraftの目印のない場所で迷子にならないようにする方法を紹介します。

 
 

1. 地図やコンパスを使う

Minecraft には、地図やコンパスといった便利なアイテムがあります。地図は、周囲の地形を表示してくれます。コンパスは、スポーン地点(最初に出現した場所)の方向を示してくれます。これらのアイテムを持っていれば、迷子になるリスクを減らすことができます。

地図やコンパスは、クラフトテーブルで作ることができます。地図を作るには、紙と羅針盤が必要です。紙は、サトウキビから作れます。羅針盤は、鉄インゴットとレッドストーンが必要です。コンパスを作るには、地図と同じ材料が必要です。

2. ベッドや看板を設置する

Minecraftでは、ベッドに寝ることで、その場所を新しいスポーン地点に設定することができます。つまり、ベッドに寝た場所に戻りたいときは、コンパスを使えばいいのです。ベッドは、羊毛と木材で作ることができます。

また、看板を設置して、自分の拠点や目的地の方向を示すこともできます。看板は、木材と棒で作ることができます。看板には、自由に文字を書くことができます。例えば、「村まで 500 ブロック」とか「洞窟の入り口」とか書いておくと便利です。

3. ランタンやトーチを置く

Minecraftでは、暗い場所にはモンスターが出現しやすいです。そのため、探検中には、ランタンやトーチを置いて、明るくすることが重要です。ランタンやトーチは、自分が通った道を示す目印にもなります。ランタンやトーチを置くときは、一定の間隔で置くと良いでしょう。また、右側に置くか左側に置くか、一定のルールを決めておくと、帰り道を見つけやすくなります。

ランタンは、鉄インゴットとトーチで作ることができます。トーチは、石炭と棒で作ることができます。ランタンは、トーチよりも明るく、水にも強いです。

4. ネザーポータルを使う

Minecraftには、ネザーという別の次元があります。ネザーに行くには、ネザーポータルという扉を作る必要があります。ネザーポータルは、黒曜石で枠を作り、ライターで火をつけることで作ることができます。

ネザーポータルを使うと、オーバーワールド(通常の世界)とネザーの間を移動することができます。ネザーでは、オーバーワールドの 8 分の 1 の距離しか移動しないので、遠くの場所に素早く行くことができます。ただし、ネザーは非常に危険な場所なので、十分に準備してから行くようにしましょう。また、ネザーポータルの場所を忘れないようにしましょう。

まとめ

Minecraftで迷子にならないためには、地図やコンパス、ベッドや看板、ランタンやトーチ、ネザーポータルなどのアイテムを上手に使うことが大切です。これらのアイテムは、クラフトテーブルで作ることができます。また、自分が通った道や目的地を示す目印を置くことも効果的です。Minecraftは、自由に冒険できる魅力的なゲームですが、迷子にならないように注意しましょう。