「仕事が溜まると効率が悪くなる人」を脱する方法


数日前に、「仕事が溜まると効率が悪くなる人 原因を示した図に同意の声」というニュース記事を見ました。

(マズイ、仕事が全然進まないぞ…)仕事が溜まった途端、極端に効率が悪くなってしまう…という人は、多いのではないでしょうか。いつもは効率が悪いわけではないのに、なぜかやるべきこと(タスク)の量が増えるほ

効率が悪くなる人は、「『優先度は高いけど面倒なタスク(A)』ではなく『明らかに優先順位が低い楽なタスク』に手を出してしまう。」そうで、ただただ頷くしかありません。

スポンサーリンク

僕も「効率が悪くなる人」です

さらに僕の場合は、いろいろなタスクを効率よくこなそうとするために、スマホで「タスク管理」アプリを探し始めてしまいます……。

いくつかのタスク管理アプリをインストールして、5つほどの抱えているタスクを入力してみて、どれが一番見やすいかと試し始めます。

Googleカレンダー付属の「ToDoリスト」と連携できないと駄目だ、などの使い勝手を模索しているうちに、時間が過ぎてしまいます……。

家でやる作業の場合は、パソコン内や外付けHDDのファイル置き場の整理をし出したり、マンガやラノベの駄目主人公のごとく、動画配信サイトでアニメやドラマを見始めてしまったり……。

まずは5分作業をやってみる!

このようにやりたくないことを進めるには、「まずは5分間やってみる!」のが効果的だと、どこかで読みました。

いやいやでも5分間、とりあえずやってみると、自然と5分経過した後も継続して作業を続けてしまうそうです。

5分経っても気分が乗らないときは、いったんやめてみた方がいい、とも書いてありました。

――ブログ記事を書くのにモチベーションが上がらず、このブログ記事も、書き始めるまでに1時間ほどアニメを見た後、ようやく書き始めた記事だったりします。

書き始めると、休みを入れることなく、スラスラというわけではありませんが、最後までたどり着きました。

スポンサーリンク

 
この記事が気に入っていただけたら シェアしてくださるとうれしいです!