小池都知事の新党立ち上げ記者会見を見て思ったこと


東京都の小池百合子知事が2017年9月25日に臨時記者会見を開き、国政新党「希望の党」を立ち上げて、都知事職にとどまったまま、新党の代表に就く考えを表明しました。

小池氏は「(新党は)私自身が立ち上げる」と述べました。

スポンサーリンク

小池新党記者会見を見て

最初ニュースを見て驚きました。若狭氏と細野氏とは別に、新たな新党を小池氏が自ら作るのかと。

しかし、さすがにそうではないようで、小池氏が自らリーダーシップを執って、若狭新党の構想をリセットして、新党「希望の党」として、党の理念や目標等も小池氏が主導して作っていくということのようです。

ただ、完全にリセットするのではなく、若狭氏と細野氏がある程度構想を立てて準備を進めていた内容を枝葉として取り込み、幹の部分をしっかりと作り直す、と言っていました。

小池氏の会見の様子は、さすがリーダーシップ感があり、堂々とした説明と質疑応答でした。

質問する記者の方がたじろぐような感じでした。

その中で、「都政に集中すべきなのに、国政にも進出するのか?」との質問には、「都政を進めていく上で、国政の協力が得られなかったりと国政の壁があった。それを打破するために、国政にも議席を得て、国政の助力を得て、都政を進めていきたい」と答えていました。

この回答を聞き、「筋が通っている」と、僕は納得してしまいました。

実際に国政に議席を得たとして、小池氏の話のようにうまく物事が進むかどうかはわかりませんが、堂々と明快に話されると、聞く側は信じてしまいます。

若狭氏にはこういうしゃべりがないのが、いまいち頼りないと思われてしまう要因なのではないでしょうか。

それにしても、小池氏は、話のところどころで出てくる立候補者の議員等の紹介がうまいですね。

都知事選後の記者会見でも、同僚だった国会議員の選挙区や略歴、業績等を記憶していて、さりげなく会話の中に織り交ぜていて、言われた相手はうれしくなるだろうなと。

まとめ

一般国民の僕が会見を見た印象としては、若狭氏と細野氏の新党構想のニュースを見ていた昨日までの印象は「なんかいまいちだな」と思っていたのが、小池氏が前面に出て記者会見をしたことで、一気に明快な新党になりました。

とはいうものの、都政は、都知事の小池氏1人の力量が大きく物を言うのでしょうが、国政の場合は、たとえ総理大臣でも、総理1人の能力が高いだけではうまく政治が動かないのでは、と思うのですが。

ましてや新党なので、どれだけ議席を取るかにもよりますが、気軽に見ているだけの一般国民の僕としては、選挙後の動きもおもしろくなりそうです。

ただ一つ、新党「希望の党」の政策発表で、都政と絡めた政策は明快でしたが、都政とあまり関係ない部分「AI、原発ゼロ、憲法改正」等については、自民党や他の野党と大して変わらないためか、聞いていてもあまり頭に入ってきませんでした。

選挙戦が進むに連れて政策が練られていって、「希望の党」独自の色が出てくれば、よりおもしろくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアしてくださるとうれしいです!