【ゼロから始める魔法の書(ゼロの書)-攻略日記2日目】魔女と獣堕ち3、ガチャ ほか(ストーリーのセリフ書き出し)【無課金】

ゼロから始める魔法の書
ゼロから始める魔法の書(ゼロの書)を無課金でプレイする攻略日記です。
主にストーリーをたどって、セリフを書き出します。ネタバレ含みます。

[本日のプレイ]
・~王都プラスタ近郊の森~
 魔女と獣堕ち3
 キャラ強化とスキル強化とガチャ
 魔女と獣堕ち4

スポンサーリンク

魔女と獣堕ち3

本日は、[魔女と獣堕ち3]から始めます。

チュートリアルにしたがって、[編成]でスキルを装備させてからスタートしました。

???「君は……追われているのか?」
傭兵「見て分かんだろうが 殺す気満々で追ってきてるってんだよ!」
???「……何をしたんだ?」
傭兵「何もしてねぇよ!」
傭兵「ただ生贄に欲しいんだろうよ ――獣堕ちの男がよ!」
理由は知らないが、世の中では時々俺みたいな獣頭の化物が
ごくごく普通の両親から生まれてくる。
そして魔女は魔術を使うための道具として獣堕ちの首を欲しがるらしく
俺は魔女に首を売りつけようとする奴らに非常に好かれていた。
傭兵「くそ――どうなってんだ一体!」
傭兵「魔術はいつから連射式ボウガンになったんだよ!」
???「――あれは鳥追(スタイム)か……」
???「ふむ。おい。これは逃げなければいけないのか?」
傭兵「ったりめぇだろうが! 死ぬぞ!」
???「そうでもないぞ。――よし、降ろせ。」
(画面に表示された[Touch]をタップすると、戦闘が始まりました)

(オートモードで戦い、ボスも倒して[戦闘終了]しました)
(初回報酬として[ダガー投げ×1]を獲得し、レベルもアップしました)
(そういえば、この画面では[【孤独な魔女】ゼロ]と名前が表示されています)

(そして、再び会話場面に切り替わりました)

傭兵「ひぃっ!」
傭兵「(……な、追い剥ぎ魔女の四方の土が盛り上がって壁に?)」
傭兵「お前が――やっているのか? これを?」
???「これは捕縛の章・第三頁――<岩蔵(エトラーク)>。」
???「軟弱な<鳥追(スタイム)>程度では 出るのに丸一日かかるぞ。」
傭兵「……。」

画面に表示された[Touch]をタップすると、クエストクリアしました。

キャラ強化とスキル強化とガチャ

次は、チュートリアルにしたがって、[キャラ強化]と[スキル強化]を行いました。


続けて、[ガチャ]を引きました。
10連で引いて、下記のものが出ました。
★4キャラが[アロ・ヴェルナム][愛くるしい毒][野獣の激哮]と出ました。

ガチャが終わると、チュートリアル終了と表示されて、[ログインボーナス]で[霊石×10]、[イベントログボ]で[霊石×30]がもらえました。
リセマラは行わず、このまま進めます。
ここからは、自由に操作できるようです。

まずは、画面右上の[プレゼントボックス]アイコンをタップして、[霊石]や[国王の雫][女神の雫][ドラゴンの雫][精霊の雫][宿泊券][<龍波>ドラクーネス]を受け取りました。

魔女と獣堕ち4

そして次は、メインクエスト[魔女と獣堕ち4]を行います。

[編成]は特にいじらず、[同行者選択]を行って、出発しました。
傭兵が語りかけます。

傭兵「お前……魔女……なのか……?」
???「いかにも――我輩は魔女である。」
???「無意味より意味を見出し 無より有を生み出す泥闇の魔女よ!」
傭兵「そうか。よし。」
傭兵「なるほど。分かった。」
次の瞬間俺は立ち上がり、一目散にその場から逃げ出した。
(画面に表示された[Touch]をタップすると、戦闘が始まりました)

(オートモードで2回の戦闘とボスも倒して[戦闘終了]しました)
(初回報酬として[霊石×3]を獲得し、レベルアップもしました)

(戦闘が終わると、[~夜の森~]に場面が変わりました)

(傭兵が魔女から逃げてきたようです)

傭兵「(まったく――とんだ災難だった。)」
傭兵「(周囲に危険も無いようだし 野営の準備にかかるとするか……。)」
傭兵「たとえ絶世の美女だろうと 魔女といったら世界の悪で 何より俺の天敵だからな。」
傭兵「恨むなよ。」
傭兵「さて、と――。」
そんなわけで、俺は仕事を求めてこの国――
ウェニアス王国の王都プラスタへと向かう道中だった。
国境で衛兵に話を聞いたら
獣堕ちは主力になるから、紹介状を持って王都へ行けと命じられたのだ。
しかし、それがかなり面倒臭い。
傭兵「プラスタの方角は――あっちか。」
傭兵「……。」
(そこに[孤独な魔女 ゼロ]が現れました)

ゼロ「もぐもぐ。ずっずずーー。」
傭兵「ぎ――ぎゃあぁあぁ!」
傭兵「なんでさっき置いてきたはずの魔女が……。」
傭兵「しかも平然と木杓子で鍋のスープをすすってんだ!?」

画面に表示された[Touch]をタップすると、クエストクリアしました。
次は、クエスト[魔女と獣堕ち5]が続きますが、ここでいったんプレイを終了します。

アプリ情報

ゼロから始める魔法の書

ゼロから始める魔法の書
開発元:GREE, Inc.
無料
posted with アプリーチ