ノートPC画面の色合い・明るさを調整する方法

Adobe_Gamma_画面の色調整
ノートパソコンを買ったら、液晶画面の色合いが黄色がかっていたり、明るさを最小にしても明るすぎたりといったことはないでしょうか?

僕は、2012年ごろ、ASUSのZenBook UX31AというノートPCを買ったら、画面の色合いが黄色がかり(これが国際標準の色合いなのかもしれませんが)、画面の明るさを最小にしても明るすぎたりと、そのまま使うのは厳しい状態でした。

そこで、Windowsの「色の管理」にある「ディスプレイの調整」ツールを使って色合いと明るさの調整をしたら、見事にきれいな色合いと使いやすい明るさになりました。

今回は、この「ディスプレイの調整」を使って、色合い・明るさ調整を行う方法を紹介します。

※当記事では、Windows10パソコンを使って作業を行います。

スポンサーリンク

「ディスプレイの調整」ツールを開く

1.Windows10のエクスプローラーを起動します。
エクスプローラー左枠内の下方にある[コントロールパネル]をクリックします。
エクスプローラー_コントロールパネル_赤枠1

2.[コントロールパネル]画面が開くので、画面右上の[表示方法]を[カテゴリ]から[大きいアイコン]に変更します。
コントロールパネル_赤枠1

コントロールパネル_表示方法_カテゴリ_大きいアイコン_赤枠1

3.[すべてのコントロールパネル項目]画面が開くので、画面を下方にスクロールさせて[色の管理]をクリックします。
すべてのコントロールパネル項目_色の管理_赤枠1

4.[色の管理]画面が開くので、[詳細設定]タブを開きます。
[ディスプレイの調整]項目の[ディスプレイの調整(C)]をクリックします。
色の管理_詳細設定_ディスプレイの調整_赤枠1

「画面の色調整」を行う

ここから、PC画面の色合いと明るさを調整していきます。

1.[ディスプレイの調整(C)]をクリックすると、[画面の色調整]画面が開くので、[次へ(N)]をクリックします。
赤枠1画面の色調整

2.[基本的な色の設定]画面が開くので、[次へ(N)]をクリックします。
画面の色調整_基本的な色の設定

3.[ガンマの調整方法]画面が開くので、[次へ(N)]をクリックします。
画面の色調整_ガンマの調整方法_赤枠1

4.[ガンマの調整]画面が開きますが、何もせずに[次へ(N)]をクリックします。
※目測でスライダーを動かして調整しても、あまりうまく行きません。時間があるときに、改めて調整します。
画面の色調整_ガンマの調整_赤枠1

5.[ディスプレイの明るさコントロールとコントラスト コントロールの場所]画面が開くので、[明るさおよびコントラストの調整をスキップする(S)]をクリックします。
画面の色調整_ディスプレイの明るさコントロールとコントラスト_コントロールの場所_赤枠1

6.[カラーバランスの調整方法]画面が開くので、[次へ(N)]をクリックします。
画面の色調整_カラーバランスの調整方法_赤枠1

7.[カラーバランスの調整]画面が開くので、画面下方の「赤」「緑」「青」のスライダーを動かして、色合いを調整します。

※下記はノートPC UX31Aの場合の調整値です。調整をするパソコンによって、目測で値を変えてください。
まず、「赤」「緑」「青」すべてのスライダーを一番左に動かして、値を0にします。
それぞれ右に「赤」は1、「緑」は0、「青」は5動かします。
これで、きれいな色合いになり、明るさも見やすく暗くなります。
※UX31Aは、この設定+Windows10の[設定]-[システム]-[ディスプレイ]-[明るさの変更]を「25%」にして使っています。

調整を終えたら、[次へ(N)]をクリックします。
画面の色調整_カラーバランスの調整_赤枠1

画面の色調整_カラーバランスの調整_調整後_赤枠2

8.[新しい色調整が作成されました]画面が開きます。
ここでは、[テキストが正しく表示されるよう、[完了]をクリックしたときにClearTypeを開始する(推奨)(S)]のチェックを外して、[完了(F)]をクリックします。
※上記チェックを入れて[完了]をクリックすると、[ClearTypeテキストチューナー]画面が開き、テキスト表示の読みやすさを調整することができます。
※[前の調整(P)]と[現在の調整(C)]をクリックすると、調整前と調整後の画面表示の違いを比較することができます。
画面の色調整_新しい色調整が作成されました_赤枠1

「色の管理」ショートカットを作成する

1.「「ディスプレイの調整」ツールを開く」見出しの「3.」までの操作をして、[すべてのコントロールパネル項目]画面を開きます。
[色の管理]項目をマウスで右クリックして、表示されたメニューから[ショートカットの作成(S)]をクリックします。
すべてのコントロールパネル項目_色の管理_ショートカット作成

2.[ショートカット]メッセージボックスが表示されるので、[はい(Y)]をクリックします。
色の管理_ショートカット作成

3.パソコンのデスクトップ上に[色の管理 – ショートカット]が作成されます。
デスクトップ_色の管理_ショートカット

「現在の調整の再読み込み」を行う

ここまでの作業で「画面の色調整」と「色の管理」ショートカットの作成ができたので、今後はパソコンを起動した際に、最初に以下の作業を行います。

1.作成した[色の管理 – ショートカット]をクリックします。

2.[色の管理]画面が開くので、[詳細設定]タブを開きます。
[ディスプレイの調整]項目の[現在の調整の再読み込み(R)]をクリックします。
色の管理_現在の調整の再読み込み

3.パソコン画面の色合いと明るさが[画面の色調整]で調整したものに変わります。
[閉じる]をクリックします。

まとめ

以上の設定で、ノートPC画面(デスクトップPCにつないだディスプレイでも可能)の色合いと明るさを見やすいものに調整することができます。

「現在の調整の再読み込み」は、パソコンを起動するたびに行う必要がありますが、パソコン起動時に自動的に設定を読み込むようにすることも、たぶんできます。

以前、他のパソコンで自動読み込みができたのですが、やり方を忘れてしまい、UX31Aでは再現できませんでした……。

ASUS ZenBook UX31Aについて

ASUS ZenBook UX31Aは2012年発売のWindows7搭載のノートPCですが、今でもよく動いてくれています。Windows10にアップデートをしたら、Webブラウザの動作が速くなりました。

画面が非光沢なので、僕は光沢フィルターを貼って使っていますが、ASUSがIPS液晶を初めて搭載した機種で、当記事の色合い・明るさ調整をすると、写真も動画もWebページも問題なくきれいに表示してくれます。

今でもメインで毎日使っている非常に良いノートPCです。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアしてくださるとうれしいです!