【マイクラ】自動で点灯する外灯の作り方

今回は、Minecraft(マインクラフト)で夜になると自動で点灯する外灯の作り方について紹介します。

 
 

1. 昼夜サイクルの理解

Minecraftの世界では、昼夜サイクルが存在します。このサイクルは、2種類の明かりの設定を繰り返す、20分にわたる周期のことであり、Minecraftの時間は現実より72倍速く経過します。この昼夜サイクルの理解は、自動で点灯する外灯を作る上で重要な要素となります。

2. 日照センサーの利用

日照センサーは、日光の照度(またはその逆)に応じてレッドストーン信号を発するブロックです。このセンサーを利用することで、昼夜サイクルに応じて外灯が自動で点灯する仕組みを作ることができます。

3. レッドストーンの活用

レッドストーンは、Minecraftの世界で電気的な信号を伝えるための素材です。日照センサーからの信号を受け取り、それを外灯に伝えるためにレッドストーンが必要となります。

4. 外灯の設置

最後に、レッドストーン信号を受け取る外灯を設置します。これにより、日照センサーが夜を感知すると、外灯が自動で点灯する仕組みが完成します。

以上が、Minecraftで夜になると自動で点灯する外灯を作る方法です。この方法を活用すれば、Minecraftの世界での生活がより便利で楽しいものになることでしょう。