iPhone 16のボタンデザインについての噂

Appleは、次世代のiPhone 16 Proのアクションボタンのデザインを再度微調整したと言われています。最新の「Proto2」開発段階では、Appleは試行錯誤を重ねた結果、iPhone 15 Proのアクションボタンに似たデザインを採用することに決定したようです。

 
 

ボタンの変遷

iPhone 16 Proの開発段階では、Appleは4つのボタン配置と2つのアクションボタンのサイズを試験しました。最初のプロトタイプでは、一体型のボリュームボタンと小型のマルチパーパスアクションボタンが左側に、電源ボタンが右側に配置されていました。このデザインは、iPhone 15 Proに触覚ボタンを導入しようとした「Project Bongo」の一部として初めて開発されました。

しかし、このプロジェクトは、テスト結果が不十分で、ハードウェアの故障率が高かったため、最終的には中止されました。それでも、Bongoデザインの一部である一体型のボリュームボタンは、iPhone 16 Proの初期のデザインに取り入れられました。

最新のデザイン

最新の「Proto2」デザインでは、Appleは再びアクションボタンを変更しました。現在、AppleはiPhone 15 Proのアクションボタンを模した小型のアクションボタンを採用しており、大型でフラッシュな見た目は廃止されました。このような大きなデザイン変更は、Appleが静電容量式のアクションボタンの開発を中止または延期したことを示している可能性があります。

ただし、ここで提示された情報は、現存する内部デザインを正確に説明していますが、追加のデザイン変更は常に可能であり、ここで提示された情報がiPhone 16 Proの最終的なデザインを反映しているとは限りません。