YouTube、広告ブロッカー対策を強化 – ロード時間を遅く

YouTubeは、広告ブロッカーの使用に対してさらに厳しく対応しています。これにより、広告ブロッカーを使用しているユーザーは、サイト全体のロード時間が遅くなるという問題に直面しています。

 
 

最適でない視聴体験

YouTubeは昨年末から、「広告ブロッカーの使用はYouTubeの利用規約に違反する」というメッセージを表示し始めました。これにより、ユーザーは広告ブロッカーを無効にするか、YouTubeの広告なしプランであるYouTube Premiumに登録することを求められました。

そして今、YouTubeはさらに一歩進めて、広告ブロッカーが検出された場合にはサイト全体を遅くするという対策を取っています。Googleはこの現象を「最適でない視聴体験」と表現しています。

多くのユーザーが、広告ブロッカーを無効にするまでサイトが遅くなり、反応しなくなると報告しています。この問題はYouTubeのコード内の人工的なタイムアウトによって引き起こされ、遅いインターネット接続を模倣しているとのことです。