GPSロガーの使い方~スマホアプリで位置情報を記録する

GPSLogger
スマートフォンの「GPSロガー」アプリを使うと、緯度経度や高度の位置情報、移動速度を記録して、1日の行動履歴をGoogleマップ上に表示させることができます。

当記事では、Androidスマホとアプリを使っての解説をします。

スポンサーリンク

スマホで行動履歴を記録する方法

スマホには、GPSセンサー(位置)、ジャイロセンサー(傾き)、加速度センサー(慣性)などが搭載されているため、アプリの機能次第で様々な行動履歴を記録することができます。
「GPSロガー」専用機に比べると精度が落ちるのかもしれませんが、日常の行動を記録する分には充分ではないでしょうか。

My Tracksが使えなくなる

Androidスマホで行動履歴を記録するアプリとしては、Googleの「My Tracks」が簡素ながらも重宝されてきました。
しかし、2016年4月30日をもって使用できなくなる旨が通知されました。
My Tracks 終了のお知らせ:https://support.google.com/gmm/answer/6333516

Googleマップのタイムライン機能

2015年7月(?)にGoogleマップにタイムライン機能が付きました。
現在のところ(2016年4月時点)、AndroidのGoogleマップアプリと、各OSのWebブラウザで見ることができます。iOSのGoogleマップアプリでは使えません。
Googleマップ タイムライン:https://www.google.co.jp/maps/timeline

スマホの「Googleロケーション履歴」をONにしておけば自動でログが記録され、記録の開始停止の操作を意識する必要がないために、使い勝手がいいです。
ただ、「タイムライン」で行動履歴を見ると、やや大雑把な軌跡となっています。

また、WebブラウザでGoogleマップのタイムラインにアクセスし、ロケーション履歴をダウンロードすることもできますが、全期間まとめてのデータとなり、1日ごとに分割されていないため、扱いづらいものとなっています。

「GPSロガーAndroid」と「GPX Viewer」

「My Tracks」が使えなくなることに伴い、英語版のGoogleアナウンスには、代替アプリが紹介されていました。
Google:https://support.google.com/maps/answer/6333516

・Google Fit
・Strava
・Endomondo
・Map My Run
・Map My Hike
・GPS Logger for Android
・GPX Viewer

「Google Fit」は、Googleの健康管理アプリで、歩いた時間、距離、歩数、消費カロリーを記録できます。
代替アプリというよりも、「Google Fit」に「My Tracks」のデータを連携させて、「Google Fit」に記録されるデータ項目を増やす、といった使い方です。

上から順にアプリをさらっと試したところ、「Strava」「Endomondo」「Map My Run」「Map My Hike」は、運動するときにだけ使用するようなアプリでした。
24時間付けっぱなしでログを取る用途としては「GPS Logger for Android」が適していて、「GPX Viewer」と組み合わせて使うようです。

GPSロガーAndroid(英語名「GPS Logger for Android」)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mendhak.gpslogger&hl=ja

GPX Viewer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vecturagames.android.app.gpxviewer&hl=ja

「GPSロガーAndroid」はGPSデータの記録専用アプリで、「GPX Viewer」はGPSデータをGoogleマップに表示させること専用のアプリです。
「GPSロガーAndroid」に表示機能も付いていればベストなのですが、しばらく使ってみたところ、慣れれば問題ありませんでした。

「GPSロガーAndroid」と「GPX Viewer」の組み合わせがなかなか使いやすく、「My Tracks」の代替にもなりそうです。
ここからは、ブログ管理人が2週間ほどアプリを使ってみた上での良いと思った設定方法などを解説します。

GPSロガーAndroidの設定

Google Play ストアから「GPSロガーAndroid」アプリをインストールし、アプリを開いたところから解説します。

1.アプリを開いたら、左上の[三]アイコン(メニューアイコン)をタップします。
GPSロガー5

2.[メニュー]画面が表示されたら、[全般的なオプション]をタップします。
GPSロガー6

3.[GPSLoggerの設定]画面で、[ブート時に開始]のトグルスイッチを「ON」にします。
GPSロガー7

4.「2.」の[メニュー]画面に戻り、[ログ設定詳細]をタップします。
[ログ設定詳細]画面で、[GPXで保存]と[KMLで保存]のトグルスイッチを「ON」にします。
GPSロガー8

5.[ログ設定詳細]画面を下方にスクロールさせ、[ファイル名の先頭にデバイスシリアル番号を付加します。]のトグルスイッチを「ON」にします。
GPSロガー9

6.「2.」の[メニュー]画面に戻り、[パフォーマンス]をタップします。
[パフォーマンス]画面で、[保存周期]をタップします。
GPSロガー10

7.[時間(秒)]を「60」から「5」に変えて、[OK]をタップします。
※「0」が一番細かい間隔でログ(軌跡)を記録します。いろいろな数値を入れてみて、電池消耗と必要なログの細かさを見比べて、自分に適した数値を見つければいいかと思います。
※「0」に設定すると、スマホの挙動がおかしくなることがあります。その場合、「1」以上に設定してください(2016/04/25追記)。
GPSロガー11

8.[パフォーマンス]画面に戻り、[距離フィルター]をタップします。
[距離(m)]を「0」から「1」に変えて、[OK]をタップします。
※「1」に変えることにより、立ち止まっているときや1m以内しか動いていないとき、「7.」で設定した「時間(秒)」が過ぎても、その間はログを記録しません。
GPSロガー12

9.[パフォーマンス]画面に戻り、[精度フィルター]をタップします。
[精度(m)]は初期設定「0」のまま、[OK]をタップします。
※たとえば、室内でアプリの「ログ開始」をすると、ブログ管理人の環境では、GPS精度の誤差が「27m以内」と表示されました。
ここで[精度フィルター]を「30」に設定すると、誤差が「30」m以内はログを記録するという設定なので、[時間(秒)]で設定した秒間隔でログが記録されるはずです。
しかし、記録されませんでした。
アプリのバグなのかどうか不明ですが、とりあえず「0」に設定すれば、誤差が何mでもログの記録は止まらなかったので、「0」のままにします。
GPSロガー13

10.[パフォーマンス]画面に戻り、画面を下方にスクロールさせます。
[移動していないときはログファイルを書かない]のトグルスイッチを「ON」にします。
※この設定により、アプリを24時間稼働させていて(「ログ開始」でログ記録中ならば、アプリを閉じてもスマホ画面を消してもバックグラウンドで動作します)、就寝中などスマホの位置が動かないときには、ログ記録を行わなくなります。
※スマホが室内にある場合、GPSの誤差が大きく、スマホの位置情報が変化するために、スマホが移動したとアプリが判断してログが記録されることがあります。
GPSロガー14

ひとまずこれで設定は完了です。
アプリのスタート画面に戻り、[ログ開始]をタップすれば、ログの記録が開始されます。
スマホの電源を入れ直したり再起動をしても、「3.」で[ブート時に開始]を「ON」に設定しているので、自動的にログの記録が開始されます。

GPX Viewerの設定

Google Play ストアから「GPX Viewer」アプリをインストールし、アプリを開いたところから解説します。

1.アプリを開いたら、左上の[三]アイコン(メニューアイコン)をタップします。
※アプリの初回起動時は、最初から[メニュー]画面が開いています。
[メニュー]画面の中から、[Settings]をタップします。
GPXViewer1

2.[Settings]画面で、[Open last directory]にチェックを入れます。
GPXViewer2

3.アプリのスタート画面に戻り、右上の[OPEN FILES]をタップします。
GPXViewer3

4.画面に表示されているフォルダの現在位置が、デフォルトで設定されている「/storage/emulated/0/My Documents/Tracks」になっているので、「GPSロガーAndroid」アプリのデフォルトで設定されている「/storage/emulated/0/Android/data/com.mendhak.gpslogger/files」に移動します。
GPXViewer4

5.画面に表示されるファイルのうち、ログを表示させたい日付の「.gpx」拡張子をタップします。
※ここでは「~_20160415.gpx」ファイル。
※「.gpx」(GPXフォーマット)は一般的な形式で、「.kml」(KMLフォーマット)は、GoogleアースやGoogleマップで読み込める形式です。「GPX Viewer」アプリは、どちらの形式でも読み込めます。

ファイルのアイコン上にチェックマークが付いたら、右下の[Open]をタップします。
GPXViewer5

これで「GPSロガーAndroid」アプリで記録されたログを「GPX Viewer」アプリ上のGoogleマップで見ることができます。
なお、「1.」の[メニュー]画面の中から[Tracks/routes info]をタップすると、平均速度などの詳細情報を見ることができます。

まとめ

当記事の設定を行うと、「GPSロガーAndroid」アプリで24時間GPSログが記録され続けます。
ログファイルは1日単位で分割されるので、日付が変わると、「GPX Viewer」で新しい日付のファイルを開き直す必要があります。

また、「GPSロガーAndroid」アプリには「Google Fit」アプリと連携する設定メニューはないものの、「Google Fit」が自動的に「GPSロガーAndroid」のログデータを取り込むようで、なかなか便利です。